キャッシングの返済計画はしっかりと作る

リスクを管理する上で返済計画はとても大切

私が初めてキャッシングを利用した時、事前に返済計画を作ってから申し込むと言うような方法をとりませんでした。何も考えずにキャッシングを申込み、契約・借入れをして利用していました。

その時の考えとしては、「毎月いくらなら返済出来るから大丈夫だ」と言うもので、どんぶり勘定的な考え方で利用していました。結果、いつになっても返済が進んでいかないことにストレスと感じるようになり、様々な部分に支障を来たす様になってしまいました。

こうした状況を避けるためにも、必ずしっかりとした計画を立ててから申し込んだ方が良いでしょう。

効果的な計画の作り方

例えば、「毎月いくらなら無理なく返していくことが出来るのか」をベースに計画を立てる場合、事前に「自分の収支状況を徹底的に把握する」と言うことが必要になります。食費・生活費と言った基本的なものだけではなく、貯蓄分や冠婚葬祭などがあった場合の予算なども計上しておくと安心できます。

そうした出費(予定)を全て差し引き、無理なく生活できるだけのお金を残したうえでいくらの余裕があるのかを計算し、その金額から逆算して借入れ総額を決めていきます。

また、同様に収支を把握したうえで「完済期間」から利用金額を決める方法もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です