即日借入できて便利です

急な旅行が決まり、すぐにまとまったお金が必要になりました。そこで、初めてキャッシングサービスに申し込むことに決めたのです。オリックス銀行は知名度も高く信頼できるため、インターネットで申し込んだところ、その日のうちに審査に通りお金を借りることができました。即日借入ができて本当に助かりました。
とにかく急いでいたため、スピーディーな審査と結果通知に感謝しています。また、無理のない範囲内で計画的に返済できる点も大きな魅力です。初めてのキャッシングを完済し、とても利用しやすいと実感しました。

無理のない返済方法で安心

以前から、キャッシングサービスに興味を持っていました。今回お金が必要になったため、口コミで人気の高いオリックス銀行カードローンに申し込み、その日のうちにお金を借りて旅行代金を支払うことができホッとしています。
オリックス銀行カードローンは返済方法も幅広く、銀行に行く時間がない自分でもコンビニエンスストアで支払えてとても便利でした。また、お金に余裕がある時は、一部や一括返済なども選べますので、自分の都合の良いタイミングで完済できる点も気に入っています。これからも、上手に活用していけたらと考えています。

リスクを管理する上で返済計画はとても大切

私が初めてキャッシングを利用した時、事前に返済計画を作ってから申し込むと言うような方法をとりませんでした。何も考えずにキャッシングを申込み、契約・借入れをして利用していました。

その時の考えとしては、「毎月いくらなら返済出来るから大丈夫だ」と言うもので、どんぶり勘定的な考え方で利用していました。結果、いつになっても返済が進んでいかないことにストレスと感じるようになり、様々な部分に支障を来たす様になってしまいました。

こうした状況を避けるためにも、必ずしっかりとした計画を立ててから申し込んだ方が良いでしょう。

効果的な計画の作り方

例えば、「毎月いくらなら無理なく返していくことが出来るのか」をベースに計画を立てる場合、事前に「自分の収支状況を徹底的に把握する」と言うことが必要になります。食費・生活費と言った基本的なものだけではなく、貯蓄分や冠婚葬祭などがあった場合の予算なども計上しておくと安心できます。

そうした出費(予定)を全て差し引き、無理なく生活できるだけのお金を残したうえでいくらの余裕があるのかを計算し、その金額から逆算して借入れ総額を決めていきます。

また、同様に収支を把握したうえで「完済期間」から利用金額を決める方法もあります。

希望金額の借入が可能か聞いてみよう

キャッシングの限度額は業者が決定するので、自分の希望金額がそのまま通るとは限りません。
希望額の借入をしたいならば、事前に業者と交渉をしておくのがいいでしょう。
審査を受けてしまうと、その情報は個人信用情報に登録されてしまいます。
何度も審査に落ちている状況は、他社で審査を受けるときにマイナスとなります。
キャッシングは1社目で借りるのが好ましいので、1社目で借りるための工夫はするべきです。
初めて借りる業者の場合は、希望額を少なくしたほうが借りられる可能性は高くなります。
安定した収入がある方なら、30万円以内の金額なら借りられる可能性が非常に高いと言えます。

難易度が上がる希望金額とは

キャッシング全般に言えることですが、50万円を超えると審査が難しくなると言われています。
50万円までは身分証明だけでOKだけど、50万円超は収入証明もあわせて必要になるという条件が多いです。
必要書類が増えるということは、業者側もより慎重に審査を行うということです。
アイフルやプロミスといった消費者金融のキャッシングは総量規制の3分の1以内の融資となりますが、総量規制内だから借りられるという保証はないのです。
希望金額は少なくするほど借りやすいので、不必要な借入を減らしていく対策も必要でしょう。

初めてのキャッシングはすぐに現金を手にしたい状況が少なくない

今までまったくお金を借りたことがない人が、初めてキャッシングを意識する状況として、本当に切羽詰まっていて、すぐにでもお金の都合をつけないと大変なことになるというものが挙げられます。たとえば、同棲していた恋人に突然田舎に帰るという置き手紙を残され、追いかけようにもお金がないという状況は人生の岐路といえます。ここであきらめるか、それともキャッシングをしてでもお金を手に入れて追いかけるかによって、そのあとの人生はだいぶ変わってくるでしょう。
では、すぐにでもお金を借りたいという状況で、実際には最短どれぐらいの時間で申し込みから借り入れまで完結させることができるのでしょうか。

無人契約機から申し込めば審査に入るまでの時間をカットできる

申し込みから借り入れまでにかかる時間の割合の中で、審査に入るまでの時間と、審査の時間です。この二つの中で短縮が可能なのは前者の方です。インターネットから申し込んだ場合、申し込まれた順に担当者が処理をしていくことになるので待ち時間が発生しますが、無人契約機から申し込めばすぐにオペレーターが対応してくれるので、審査に入るまでの時間はほぼゼロにできます。
必要な書類をすべて揃えていて、在籍確認もスムーズに行われ、さらに申込者の属性にまったく問題ないという場合は最短一時間もかかりません。

euro-870757_640

キャッシングは限度額が初めに決められる

最近、即日融資が可能なキャッシングが増えています。申し込み当日に現金を手にすることができるため、急場をしのぐことが可能です。限度額は、各社とも異なりますが、1万円から800万円といった感じで、サイト等には広い記載がなされています。これは、借りる人の属性によって具体的な額が変化するためです。ただ、ここで表記されているマックスの額を借りることは実際難しいです。アコム等の消費者金融の場合、総量規制の対象となり、年収の3分の1以上を借りることはできません。つまり、マックスが800万円だとしたら、それを借りることが可能な人の年収は、2400万円ということになります。

一般的な限度額について

実際消費者金融を利用する人が設定される限度額は、100万円未満が多いです。もともと、年収が十分にある人は、キャッシングを利用することはないため、必然的にボリュームゾーンはこのあたりになります。銀行系の場合は、総量規制の対象となっていません。例えば、三井住友銀行カードローンなどです。その場合は、上限枠が年収との関係で制限されることはありませんが、だからと言って年収の3分の1以上の融資を受けられるとは限りません。実際銀行系は融資の審査が厳しいので、それ以上を借りることは難しいです。